更年期に起きるホットフラッシュの原因と、その対処法とは?

更年期に起きるホットフラッシュの原因と、その対処法

更年期障害の症状の1つにホットフラッシュというものがありますが、突然どっと汗をかくというものです。

ホットフラッシュの対処法は?ストレスや食生活を気をつけよう

読了までの目安時間:約 2分

女性ホルモンの分泌の減少が原因の更年期障害ですが、実はストレスもホットフラッシュという症状に関係していると言われています。

頭痛や肩こり、感情面で不安定になる更年期ではそれがそのままストレスになってしまいます。そのストレスが蓄積されると自律神経のバランスも乱れてしまい、ホットフラッシュの原因になります。

ですからストレスをためないよう心身ともに安定した状態を保つ必要がありますね。仕事をまだしている人は仕事量を減らしてみたり、ブレイクタイムを多くとる必要もあるかもしれません。

自宅にいる場合はゆったりくつろげる空間を作る必要もあります。しかし何かと言ってストレスはやはり溜まってきますからストレス発散法も考えておく必要があります。またストレスを取り除く以外の方法も考える必要があります。

食生活を見直し病院受診など更年期障害とうまく付き合う

食生活も見直してみましょう。コレステロール値の高い食品を避け、肉より魚を多く摂るようにしましょう。オメガ3脂肪酸などの豊富な青魚が有効です。

乳製品も控えたほうが良いです。豆乳などを飲んでイソフラボンを摂る必要もあります。豆腐を毎食食べるのも良いですし、手軽なのは豆乳を飲むことでしょう。

また刺激物など辛いもの、コーヒーやアルコールはホットフラッシュなど更年期障害を悪化させる可能性がありますから避けておきましょう。

対処法としてはホットフラッシュが起こったら、首の後ろを冷やすという方法が一番手っ取り早いです。

本格的に病院で対処したいと言う場合は、パッチ薬や錠剤でホルモン治療を行うこともできますから、あまりに酷く、辛い場合は受診しても良いでしょう。閉経しているもしくは閉経が間近であるという場合は病院受診のほうが有効です。

 

この記事に関連する記事一覧

知りたい!
カテゴリ
最新の投稿